股関節の痛み・変形性股関節症について TOP > 股関節の痛みを解消 >  股関節痛の運動療法「ジグリング」「股関節・脊柱の屈伸」

股関節痛の運動療法「ジグリング」「股関節・脊柱の屈伸」

筋力を強化し股関節痛の痛みを軽減、症状の進行を遅らせることを目的として運動療法を行います。 おすすめの運動療法は、「ジグリング」「股関節・脊柱の屈伸」「脚の開閉」「おしり上げ」の4つの運動を順番に行います。 ここでは、「ジグリング」「股関節・脊柱の屈伸」を紹介します。 ■ジグリング(貧乏揺すり運動) いすに座って、床に両脚をしっかりと着けます。 片側の足先を床に着けた状態でかかとを上下させます。 貧乏揺すりとされる動きを20秒間行います。 その時、もう片側の足はそのまましっかりと床に着けたままにします。 反対側も行います。 左右各20秒間を2セット行います。 ■股関節・脊柱の屈伸 いすに座って、肩幅程度に足を開き床に着けます。 おへそを意識して、背筋を伸ばします。 背筋を伸ばしたら、おへそを意識した状態のまま、骨盤を後ろへゆっくり傾けていき、背筋を少し丸めます。 元の背筋を伸ばした状態に戻します。 この動作を繰り返し行い、1分間1セットが目安です。

股関節からねじり戻す整体サポーター
股関節・痛み・変形性股関節症
腰と股関節を安定的にサポートして、O脚・X脚を矯正、歩行時の腰やひざ、足首の偏りや負担を軽減します

サイトMENU

Copyright (C) 股関節の痛み・変形性股関節症について. All Rights Reserved.