股関節の痛み・変形性股関節症について TOP > 股関節の痛みを解消 >  股関節痛の運動療法「脚の開閉」「おしり上げ」

股関節痛の運動療法「脚の開閉」「おしり上げ」

筋力を強化し股関節痛の痛みを軽減、症状の進行を遅らせることを目的として運動療法を行います。 おすすめの運動療法は、「ジグリング」「股関節・脊柱の屈伸」「脚の開閉」「おしり上げ」の4つの運動を順番に行います。 ここでは、「ジグリング」「股関節・脊柱の屈伸」の次に行う「脚の開閉」「おしり上げ」について紹介します。 ■脚の開閉 床に仰向けに寝て、両膝を立てます。 床に両足を着けたままの状態で、両膝を肩幅程度にゆっくり開きます。 そして、ゆっくりと膝を戻します。 この動作を繰り返します。 10回2セット行います。 ■おしり上げ 床に仰向けに寝て、両膝を立てます。 肩幅程度に両足を開き、おなかの上に両手を軽く置きます。 お尻に力を入れて、お尻、骨盤の順番で持ちあげて5秒間キープします。 そして、元に戻します。 この動作をするとき、骨盤がぐらぐらしないように気をつけます。 腕を床に置くとよいです。 持ち上げるときに、腰からのけぞらないにようにします。 この動作を繰り返します。 10回2セット行います。

股関節からねじり戻す整体サポーター
股関節・痛み・変形性股関節症
腰と股関節を安定的にサポートして、O脚・X脚を矯正、歩行時の腰やひざ、足首の偏りや負担を軽減します

サイトMENU

Copyright (C) 股関節の痛み・変形性股関節症について. All Rights Reserved.