股関節症になってしまったら

股関節に痛みや違和感を感じるようになったら、まず大切な事は股関節に無理な負担をかけないようにすることです。 たとえば、激しい運動や重労働は負担がかかるので絶対に駄目です。 頻繁に立ち座りをする動作や長い時間歩くこともなるべく避けたほうが良いです。 履物にも気を配り、ハイヒールや底の硬い靴は履かないようにして、クッション性のあるスニーカーを履くようにしましょう。 また、筋力をつけることと、体重を管理する事も大切です。 体重が重ければそれだけ負担がかかります。 肥満傾向にある人は体重を減少させること、そうでない人も太らないように努力することが必要です。 それと同時に、股関節の周りの筋肉を強くするように、プールで歩くなどの筋力トレーニングも必要になります。 筋肉がしっかりしていれば、かかってくる負担も小さくて済むし、症状の進行の予防にもなります。 元々、股関節に異常があるなどの場合は、手術をしないと回復の見込みはないという事もありますが、それ以外の場合は手術をしなくても良いことが殆どですので、このように日常生活に気をつけて自分の体を毎日しっかり管理するようにしましょう。

股関節からねじり戻す整体サポーター
股関節・痛み・変形性股関節症
腰と股関節を安定的にサポートして、O脚・X脚を矯正、歩行時の腰やひざ、足首の偏りや負担を軽減します

サイトMENU

Copyright (C) 股関節の痛み・変形性股関節症について. All Rights Reserved.