どうやって治すのか

股関節の治療は、保存的治療と手術による治療のどちらかによって症状を改善していく方法が主流となっています。 早い段階で発見された場合は、血行をよくするために股関節を温めたり、サポーターなどで保護したり、炎症を抑えるために消炎剤を使ったりするだけで改善や進行を遅らせることができます。 症状が酷くなっていて、日常生活に支障をきたすようにまでなってしまった場合には、手術をする方法がとられます。 手術は、股関節の形態、病期、年齢、筋力の状態などで異なります。 手術の方法は、骨を削って形を変えたり、人工の関節に置き換えたりする大掛かりなものとなりますので、医師と十分に相談しましょう。 比較的年齢が若くて、レントゲン上で適応がある場合には、人工の関節に置き換えるのではなく、骨切り術が勧められるようです。 骨切り術は、症状がこれ以上進行しないように予防的な意味合いで行なわれる事の多い手術方法で、痛みが無い場合や軽い場合でも手術することを医師に勧められることもあります。

股関節からねじり戻す整体サポーター
股関節・痛み・変形性股関節症
腰と股関節を安定的にサポートして、O脚・X脚を矯正、歩行時の腰やひざ、足首の偏りや負担を軽減します

サイトMENU

Copyright (C) 股関節の痛み・変形性股関節症について. All Rights Reserved.