変形性股関節症とは

変形性股関節症の原因とは

変形性股関節症は、関節軟骨が擦り減ることで、股関節内が炎症して、痛みなどを引き起こす病気です。 変形性股関節症になりやすいのは女性に多く、男性よりも5倍以上です。 変形性股関節症は、年を重ねるごとに進行していくものです。 股関節の骨や軟骨の異常をきたしたところに、さらに加齢などが加わり起こります。 関節軟骨は、20歳代から擦り減ります。 そして、40歳以降になると、擦り減っていることがわかるようになるのです。 肥満体型も関節に大きく負担をかけ、関節軟骨の擦り減りの原因にもなります。 また、スポーツや事故によるけがも原因となり、変形性股関節症を起こすことがあります。 さらに、和式の生活によって立ったり座ったりを繰り返していると、股関節に大きく負担をかけることになります。 すると、症状は進行してしまいます。 変形性股関節症の進行を防ぐためにも、症状がひどくならない早期の段階で医療機関を受診することをおすすめします。...

変形性股関節症の原因

変形性股関節症は、関節の軟骨が磨り減って変形し痛みが起こる病気です。 主に、変形性股関節症の引き金となっているのは、先天性股関節脱臼や先天性臼蓋形成不全です。 どちらの場合も生まれつき股関節が正常な形をしていないので、それが原因で変形してしまい痛みを引き起こしてしまいます。 また、日常生活の偏った身体の使い方が原因でも変形性股関節症になります。 歩行時の過剰な衝撃とねじれで左右のどちらかに歪みが発生することが原因で、その歪みの多い側が変形して痛みが起こるのです。 しいていえば、片側ばかりに重心をかけるような生活をしていたりすると、左右に開閉の差ができてしまい、歪んだ状態になり痛みの原因をつくるという事になります。 片側の足が大きく外に開いたり、股関節の硬さや開き方が左右で違うなどという場合は、変形性股関節症になりやすいので要注意です。...

変形性股関節症の症状

変形性股関節症の初期は、動くときに強い痛みを感じますが、関節に無理な負担がかかったり、疲労がたまっているとき以外は時に気になるような痛みではないでしょう。 前期になると痛む頻度が増えて、痛みを庇いながら歩かなければならなくなるので、脚を引きずるような歩き方になってしまいます。 進行期になると関節の動きが悪くなり、痛みも常に感じるようになります。 末期にまでなってしまうと、痛みが強い場合は修復が不可能になり、手術が必要になるケースもあります。 このように変形性股関節症は、進行していくとともに症状は持続的になって、歩くにも休みながらでないと出来なくなったり、動いていない時でも常に痛んで睡眠の妨げにもなるようになってきてしまいます。 そうならない為には、少しでも痛みを感じるようだったら、日常生活の中で出来る限り股関節に負担をかけないようにする事が大切です。...

変形性股関節症とは

変形性股関節症とは、関節軟骨の変性や磨耗によって、骨の変形・破壊や関節滑膜の炎症が起き、痛みや運動障害からADL障害をきたす疾患です。 人間が行動するのに重要な骨盤は、様々な部分に影響を与えます。 その骨盤に起きる問題のひとつとして変形性股関節症があるのです。 股関節に痛みが感じられるようになり、その痛みが日に日に強くなるという事は、股関節が警報を鳴らしていることになります。 変形性股関節症は、突然来るものですが、一度なってしまうと治療にとても時間がかかってしまうものです。 ちょっとした瞬間に痛みを感じたり、全体的に体がだるくて疲れやすいなどという時には注意が必要です。 少し休めば痛みが消えてしまう場合でも、それが何度も繰り返し起こるようならば、病院を受診することをお薦めします。...

変形性股関節症と似てる病気

変形性股関節症と似ている病気には、突発性大腿骨頭壊死症、大腿骨頸部骨折、慢性関節リウマチ、股関節炎、椎間板ヘルニアなどがあります。 突発性大腿骨頭壊死症とは、大腿骨頭の血液の流れが悪くなって骨が壊死する病気で、股関節症と症状が似ていて、治療法も同じく保存療法と手術療法になります。 関節リウマチは、自分で自分の体の組織を攻撃してしまう、自己免疫疾患のひとつで難冶性の病気とされています。 股関節や膝、肘などの様々な関節に痛みや変形が起こります。 股関節は、ブドウ球菌や連鎖球菌などの化膿菌の感染により起こるもので、これもまた変形性股関節症と似ている病気です。 椎間板ヘルニアは、椎間板が老化や無理な荷重によって、腰椎と腰椎の間から飛びだして近くの神経を圧迫するために股関節や膝下にかけて痛みやしびれがでるもので、急性の場合はぎっくり腰として発症し、慢性の場合は股関節などに痛みが続くため、変形性股関節症と症状が似てきます。...

日常生活での注意点

変形性股関節症の患者さんが、日頃から注意をしなくてはいけない事は、股関節に無理な負担をかけないようにすることです。 激しい運動や重労働はもちろんのこと、長時間歩くことや立ち座りの繰り返し動作もなるべく避けた方が良いでしょう。 股関節に圧迫をかけるような姿勢、例えば、長時間立ちっ放しでいることや、長時間正座をしていることも良くありません。 履物にも気をつけて、底の硬い靴やハイヒールなどは避けましょう。 クッション性のあるスニーカータイプの靴が股関節には良いようです。 股関節には、常に体重による負担がかかっているのですが、階段の昇り降り、走ること、椅子からの立ち上がりなどでは体重の6から7倍の力がかかり、床など低い位置からの立ち上がりでは10倍もの力が股関節にかかるのです。 体重が重ければ重いほど、それだけ股関節に無理な負担がかかってしまうという事なのです。 そこで、体重のコントロールが必要になってくるわけです。 変形性股関節症の患者さんは運動が制限されるので、痩せるには少し大変かもしれませんが、栄養士の食事指導を受けるなどして、ちゃんとカロリー計算に基づいた食事をバランスよく摂る事が大切です。...

変形性股関節症について

変形性股関節症とは、股関節に対する血液の循環が不十分だったり、関節への過度な負担によって関節の軟骨がすり減ったりして変性して、股関節の形が変わったり破壊されてしまったりする状態をいいます。 変形性股関節症は、主に女性に多くみられる病気で、初期の段階では股関節の違和感や股関節の辺りが疲れやすいといった症状が起こります。 変形性股関節症には、突発的に発症する一次性と、先天性股関節脱臼や大腿骨頭壊死などに関与して起こる二次性のものがあります。 日本人は圧倒的に二次性の方が多く、原因としては先天性股関節脱臼と臼蓋形成不全が90%を占めています。 変形性股関節症が起こるしくみは、軟骨と骨の破壊と修復反応が繰り返されて、次第に進行し関節が変形するものと考えられています。...

変形性股関節症と類似した病

股関節が痛むからといって、必ず変形性股関節症というわけではなく、類似した病気である場合もあります。 たとえば突発性大腿骨頭壊死症では大腿骨頭の血行が悪化し骨が壊死しているため痛みを伴います。 原因は不明ですが、ステロイド剤の長期使用やアルコールに関係が深いといわれています。 骨粗しょう症のお年寄りは大腿骨頸部骨折を起こしやすく、ブドウ球菌や連鎖球菌などの化膿菌の感染や結核菌感染により起こる股関節炎、手指、手首、肘、股関節、ひざなど様々な関節に痛みや変形が起こる慢性関節リウマチなどの病もあります。...

変形性股関節症になる理由

股関節は骨盤と大腿骨の継ぎ目にあたる部分で、寛骨臼に大腿骨頭がはまり込んで成されていて、前後左右斜と様々な方向に動かすことができる構造になっています。 寛骨臼、大腿骨頭は関節軟骨という弾力のある組織に守られており、股関節の関節が滑らかに動くようになっています。 寛骨臼は深いおわんのような形をしています。 面積が広い為、大腿骨頭と接して体重を受け負荷を分散。 股関節の関節軟骨をすり減らすことなく、長く使い続けることができるのはこのためです。 また、股関節は関節包やじん帯などの筋肉にも支えられており、簡単には外れない仕組みになっています。...

変形性股関節症とはどんな病気?

変形性股関節症とは、関節軟骨がすり減り股関節に痛みを生じたり、動かしにくくなる、股関節痛の代表的な病気です。 骨の表面を覆い、関節を滑らかに動かす為のクッションである関節軟骨が、すり減ってしまうために起こります。 先天性股関節脱臼や先天性臼蓋形成不全など、生まれつき股関節の作りに少し問題のある人が、後年に変形性股関節症を発症するケースが多いです。 しかし、老化などの原因によりそういった股関節の異常のない人が変形性股関節症になることもあります。 発症する年齢は様々ですが、思春期は痛みなどの不具合を感じない為気が付きにくく、30~40代になって変形性股関節症を発症するケースが多いようです。 欧米では90%を占めると言われる一次性変形性股関節症は、外傷や股関節の形態の異常がなく、老化やその他の原因により負荷に耐えられなくなり発症すると考えられています。 日本では80%以上を占める二次性変形性股関節症。 これは先天性股関節脱臼や、先天性臼蓋形成不全などの骨や関節の異常や外傷により、二次的に発症したものです。 変形性股関節症は女性に多く発症しています。 これは先天性股関節脱臼等がそもそも女性に多いことと、女性は男性に比べ関節が緩く筋力が弱いこと。 また、女性の骨盤は横に広いので、体の中心から股関節が遠くなると必然的に大きな力が架かってしまう事などが関連しているようです。...

股関節からねじり戻す整体サポーター
股関節・痛み・変形性股関節症
腰と股関節を安定的にサポートして、O脚・X脚を矯正、歩行時の腰やひざ、足首の偏りや負担を軽減します

サイトMENU

Copyright (C) 股関節の痛み・変形性股関節症について. All Rights Reserved.