変形性股関節症と似てる病気

変形性股関節症と似ている病気には、突発性大腿骨頭壊死症、大腿骨頸部骨折、慢性関節リウマチ、股関節炎、椎間板ヘルニアなどがあります。 突発性大腿骨頭壊死症とは、大腿骨頭の血液の流れが悪くなって骨が壊死する病気で、股関節症と症状が似ていて、治療法も同じく保存療法と手術療法になります。 関節リウマチは、自分で自分の体の組織を攻撃してしまう、自己免疫疾患のひとつで難冶性の病気とされています。 股関節や膝、肘などの様々な関節に痛みや変形が起こります。 股関節は、ブドウ球菌や連鎖球菌などの化膿菌の感染により起こるもので、これもまた変形性股関節症と似ている病気です。 椎間板ヘルニアは、椎間板が老化や無理な荷重によって、腰椎と腰椎の間から飛びだして近くの神経を圧迫するために股関節や膝下にかけて痛みやしびれがでるもので、急性の場合はぎっくり腰として発症し、慢性の場合は股関節などに痛みが続くため、変形性股関節症と症状が似てきます。

股関節からねじり戻す整体サポーター
股関節・痛み・変形性股関節症
腰と股関節を安定的にサポートして、O脚・X脚を矯正、歩行時の腰やひざ、足首の偏りや負担を軽減します

サイトMENU

Copyright (C) 股関節の痛み・変形性股関節症について. All Rights Reserved.