変形性股関節症とは

変形性股関節症とは、関節軟骨の変性や磨耗によって、骨の変形・破壊や関節滑膜の炎症が起き、痛みや運動障害からADL障害をきたす疾患です。 人間が行動するのに重要な骨盤は、様々な部分に影響を与えます。 その骨盤に起きる問題のひとつとして変形性股関節症があるのです。 股関節に痛みが感じられるようになり、その痛みが日に日に強くなるという事は、股関節が警報を鳴らしていることになります。 変形性股関節症は、突然来るものですが、一度なってしまうと治療にとても時間がかかってしまうものです。 ちょっとした瞬間に痛みを感じたり、全体的に体がだるくて疲れやすいなどという時には注意が必要です。 少し休めば痛みが消えてしまう場合でも、それが何度も繰り返し起こるようならば、病院を受診することをお薦めします。

股関節からねじり戻す整体サポーター
股関節・痛み・変形性股関節症
腰と股関節を安定的にサポートして、O脚・X脚を矯正、歩行時の腰やひざ、足首の偏りや負担を軽減します

サイトMENU

Copyright (C) 股関節の痛み・変形性股関節症について. All Rights Reserved.