変形性股関節症の症状

変形性股関節症の初期は、動くときに強い痛みを感じますが、関節に無理な負担がかかったり、疲労がたまっているとき以外は時に気になるような痛みではないでしょう。 前期になると痛む頻度が増えて、痛みを庇いながら歩かなければならなくなるので、脚を引きずるような歩き方になってしまいます。 進行期になると関節の動きが悪くなり、痛みも常に感じるようになります。 末期にまでなってしまうと、痛みが強い場合は修復が不可能になり、手術が必要になるケースもあります。 このように変形性股関節症は、進行していくとともに症状は持続的になって、歩くにも休みながらでないと出来なくなったり、動いていない時でも常に痛んで睡眠の妨げにもなるようになってきてしまいます。 そうならない為には、少しでも痛みを感じるようだったら、日常生活の中で出来る限り股関節に負担をかけないようにする事が大切です。

股関節からねじり戻す整体サポーター
股関節・痛み・変形性股関節症
腰と股関節を安定的にサポートして、O脚・X脚を矯正、歩行時の腰やひざ、足首の偏りや負担を軽減します

サイトMENU

Copyright (C) 股関節の痛み・変形性股関節症について. All Rights Reserved.