変形性股関節症の原因

変形性股関節症は、関節の軟骨が磨り減って変形し痛みが起こる病気です。 主に、変形性股関節症の引き金となっているのは、先天性股関節脱臼や先天性臼蓋形成不全です。 どちらの場合も生まれつき股関節が正常な形をしていないので、それが原因で変形してしまい痛みを引き起こしてしまいます。 また、日常生活の偏った身体の使い方が原因でも変形性股関節症になります。 歩行時の過剰な衝撃とねじれで左右のどちらかに歪みが発生することが原因で、その歪みの多い側が変形して痛みが起こるのです。 しいていえば、片側ばかりに重心をかけるような生活をしていたりすると、左右に開閉の差ができてしまい、歪んだ状態になり痛みの原因をつくるという事になります。 片側の足が大きく外に開いたり、股関節の硬さや開き方が左右で違うなどという場合は、変形性股関節症になりやすいので要注意です。

股関節からねじり戻す整体サポーター
股関節・痛み・変形性股関節症
腰と股関節を安定的にサポートして、O脚・X脚を矯正、歩行時の腰やひざ、足首の偏りや負担を軽減します

サイトMENU

Copyright (C) 股関節の痛み・変形性股関節症について. All Rights Reserved.