変形性股関節症の原因とは

変形性股関節症は、関節軟骨が擦り減ることで、股関節内が炎症して、痛みなどを引き起こす病気です。 変形性股関節症になりやすいのは女性に多く、男性よりも5倍以上です。 変形性股関節症は、年を重ねるごとに進行していくものです。 股関節の骨や軟骨の異常をきたしたところに、さらに加齢などが加わり起こります。 関節軟骨は、20歳代から擦り減ります。 そして、40歳以降になると、擦り減っていることがわかるようになるのです。 肥満体型も関節に大きく負担をかけ、関節軟骨の擦り減りの原因にもなります。 また、スポーツや事故によるけがも原因となり、変形性股関節症を起こすことがあります。 さらに、和式の生活によって立ったり座ったりを繰り返していると、股関節に大きく負担をかけることになります。 すると、症状は進行してしまいます。 変形性股関節症の進行を防ぐためにも、症状がひどくならない早期の段階で医療機関を受診することをおすすめします。

股関節からねじり戻す整体サポーター
股関節・痛み・変形性股関節症
腰と股関節を安定的にサポートして、O脚・X脚を矯正、歩行時の腰やひざ、足首の偏りや負担を軽減します

サイトMENU

Copyright (C) 股関節の痛み・変形性股関節症について. All Rights Reserved.