変形性股関節症について

変形性股関節症とは、股関節に対する血液の循環が不十分だったり、関節への過度な負担によって関節の軟骨がすり減ったりして変性して、股関節の形が変わったり破壊されてしまったりする状態をいいます。 変形性股関節症は、主に女性に多くみられる病気で、初期の段階では股関節の違和感や股関節の辺りが疲れやすいといった症状が起こります。 変形性股関節症には、突発的に発症する一次性と、先天性股関節脱臼や大腿骨頭壊死などに関与して起こる二次性のものがあります。 日本人は圧倒的に二次性の方が多く、原因としては先天性股関節脱臼と臼蓋形成不全が90%を占めています。 変形性股関節症が起こるしくみは、軟骨と骨の破壊と修復反応が繰り返されて、次第に進行し関節が変形するものと考えられています。

股関節からねじり戻す整体サポーター
股関節・痛み・変形性股関節症
腰と股関節を安定的にサポートして、O脚・X脚を矯正、歩行時の腰やひざ、足首の偏りや負担を軽減します

サイトMENU

Copyright (C) 股関節の痛み・変形性股関節症について. All Rights Reserved.