股関節の痛み・変形性股関節症について TOP >  変形性股関節症を治す

変形性股関節症を治す

変形性股関節症の手術療法の特徴

薬物療法の効果が十分得ることできなかったときに、手術療法が検討されます。 手術を行うタイミングは、医師と相談のうえで決めます。 股関節の主な手術療法は、「関節鏡手術」「骨切り術」「人工関節手術」などがあります。 手術療法のそれぞれの特徴について紹介します。 ●関節鏡手術 変形性股関節症の初期から末期までの症状が対象に行われます。 行える年齢は幅広く、1週間から3週間ほどの入院期間となります。 この手術方法のメリットとしては、傷痕が小さいため、あまり目立ちません。 そして、デメリットは、再び症状が起こる可能性があります。 ●骨切り術 変形性股関節症の初期から進行期までの症状が対象に行われます。 行える年齢は基本的に60歳までで、1ヵ月から3ヵ月ほどの入院期間となります。 この手術方法のメリットとしては、自分の骨を使います。 動きの制限もありません。 そして、デメリットは、長期にわたって治療が必要となります。 ●人工関節手術 変形性股関節症の進行期でもかなり進行した症状から末期までの症状が対象に行われます。 行える年齢は基本的に60歳以上の人になります。 入院期間は、1ヵ月ほどです。 この手術方法のメリットとしては、痛みが解消されます。 そして、デメリットは、感染症の危険性やまれに外れてしまうことがあります。...

変形性股関節症の手術療法

股関節の主な手術療法は、「関節鏡手術」「骨切り術」「人工関節手術」などがあります。 ●関節鏡手術 内視鏡の一種でもある関節鏡を使用します。 股関節の周りを2ヵ所から3ヵ所を1cmほど切開します。 その孔から関節鏡と手術する器具を挿入します。 そして、モニターを見ながら滑膜を切除していきます。 ●骨切り術 変形してしまった骨を整える手術が骨切り術です。 股関節は、臼蓋が大腿骨頭を覆うようになっていますが、発育が十分でないために、覆ってないことがあります。 この症状を「臼蓋形成不全」という状態です。 骨の一部を切って、ずらしたりして大腿骨頭を覆います。 手術によって骨の接する部分が小さくなってしまう部分があるので、歩行することがしばらくの間できません。 しかし、時間が経つにつれて強くなっていきます。 ●人工関節手術 大腿骨頭と臼蓋を取り除き、人工の関節を入れます。 人工の関節は、およそ20年は耐用年数となっているため、基本的には60歳以上の人が対象となっています。 痛みも解消されるため、退院後はとくに支障がなくなります。 しかし、まれに外れてしまうこともあるので、定期的に人工関節の状態を確認する必要があります。...

変形性股関節症の薬物療法

生活改善や運動療法を行っても効果が十分得ることができないときは、薬物療法による治療が行われます。 急に痛みが起こったり、変形性股関節症の進行期や末期の状態で、痛みを強く感じるときは、「抗炎症薬」を用いて、症状を軽減させます。 抗炎症薬は、「外用薬」「内服薬」「注射薬」があります。 症状の程度などによって薬は使い分けられます。 皮膚が弱い人が、外用薬を使用すると、皮膚にかぶれなどの副作用を起こすことがあります。 内服薬による副作用「胃腸障害」「肝機能障害」などもあります。 変形性でも膝の場合は、「ヒアルロン酸」の注射薬が使用されることがよくあります。 しかし、股関節の場合、効果があるのかどうかきちんとした調査結果がありません。 そして、健康保険の適用もされていません。 また、薬物療法を行うことで、股関節の痛みは和らぎますが、根本的に治療することはできません。 ですから、医師の指示のもと、薬物療法で痛みを和らげ、運動療法へ変更するなどして薬を頼りすぎることがないようにします。...

変形性股関節症 生活改善のポイント

股関節の負担を軽減するために、生活改善を行います。 そこで、生活改善のポイントを紹介します。 ●体重をコントロールします。 肥満体型ということでも、股関節へ負担をかけています。 体重が50kgから10kg増加した人では、片足立ちをしたとき股関節にかかる負担は、それまでより30kgから40kgも増加します。 歩行する際も股関節へ負担がかかり、およそ100kgとなるとされています。 ですから、まずは減量することから始めます。 ただし、極端な減量では、骨を弱くしてしまうので、栄養バランスのとれた食事を摂ることが大切です。 そして、適度な運動も行い、1ヵ月1kg?2kgを目安に減量します。 ●生活に洋式スタイルを取り入れます。 和式生活では、立つ座るという動作においても股関節へかかる負担は大きくなります。 そこで、布団からベッドに変えます。 ちゃぶ台や座布団の生活からテーブルとイスの生活に変えます。 階段には手すりをつけます。 トイレは、和式から洋式へ変えます。 ●靴の選び方 かかとが少し厚めになっていて、硬すぎず軟らかすぎない靴がおすすめです。 ●杖やカートの使用 股関節の痛みによって歩行しづらい場合は、杖やカートを用いることをおすすめします。 杖やカートを使用することで、股関節かかる負担を軽減することができます。 また、買い物をして重いものを手で持たないことも大切なことです。...

変形性股関節症の自己チェック

変形性股関節症の進行を防ぐためにも、症状がひどくならない早期の段階で医療機関を受診することをおすすめします。 次のような症状があるときは、医療機関を受診するようにしてください。 ●自己チェック1 1.歩行する際に、左右の足の出しやすさに違いを感じます。 2.靴底の擦り減り方が左右で違いがあります。 3.太ももの太さが左右で違います。 4.イスに座った時に、膝の位置が違います。 5.以前に股関節脱臼をした経験があります。 これらの症状は、初期の段階で起こる症状です。 1と2は、片側の股関節が炎症していたり、股関節の変形の可能性があります。 3は、筋肉が痩せてしまっている可能性があります。 4と5は、子供のころの股関節を痛めたことによる症状の可能性があります。 1から5のうち1つでも当てはまるようであれば、医療機関を受診してください。 ●自己チェック2 1.姿勢が悪いと指摘されます。 2.歩行時、小股になりやすいです。 3.イスに腰掛け、脚が組みにくいです。 4.あぐらがかけません。 5.床から立ちづらいです。 1と2の症状がある場合、変形性股関節症の症状が進行している可能性があります。 3と4、5の場合は、さらに症状が進行してしまっている可能性があります。 1から5のうち2つ以上に当てはまるようであれば、医療機関を受診してください。...

変形性股関節症の運動療法

変形性股関節症の運動療法について紹介します。 ●ジグリング(貧乏揺すり運動) まず、イスに腰掛けて、左右の脚を肩幅程度に開きます。 左右片方の足のつま先を床につけたまま、かかとだけを上下に貧乏揺すりさせます。 この動きの際に、片方の足は、動かさないように注意してください。 貧乏揺すりは、30秒くらい繰り返したら、反対側も同じように行います。 他にも腰を左右に揺すってみたりします。 この場合は、同じようにイスに腰掛けて、肩幅に左右の脚を開きます。 そして、肩を動かさないようにして、骨盤を動かす感じに腰を左右に動かします。 この運動は、1分程度行います。 ●脚開脚運動 イスに腰掛けて、左右の脚を閉じます。 左右の手は太ももの上に置きます。 左右の脚のかかとを揃えた状態で、ひざを肩幅程度に開いて、閉じます。 この開閉の動きを1分くらい行います。 ●股関節の屈伸と脊柱(背骨)屈伸運動 深くイスに腰掛けて、左右の脚を肩幅程度に開きます。 骨盤を前傾させる感じで腰を動かし、背筋を伸ばし、元に戻します。 このときへそを意識するのがポイントです。 この動きを1分くらい繰り返し行います。 変形性股関節症の運動療法を行うことで、筋肉をほぐすことで、動きをよくする、関節の位置を正常にする、痛みの軽減などの効果が期待できます。...

変形性股関節症の治療

変形性股関節症は、放っておくと徐々に進行していくものなので、早期発見に早期治療が大切になります。 治療方法は保存的治療と手術的治療があり、病気の進み具合によって行なわれる治療法が異なります。 また、年齢や各自の生活のスタイルなどによっても異なってくるので、必ず専門医の指導を受けてから治療を行なうようにしましょう。 保存的治療は、股関節に負担をかけないようにする方法で、肥満傾向にある人は体重を減らしたり、痛みがある側への負担を減らすために杖を使用して歩くようにします。 痛みの度合いによっては鎮痛剤を用いる事もあります。 完全な治療にはなりませんが、鎮痛剤を使用する事で痛みが楽になり、精神的なストレスが軽減されるので良いようです。 高齢者の場合は状態によって、手術をして悪くなっている部分を取り除く方法がとられます。...

変形性股関節症の疑いが出たら

変形性股関節症のような痛みを感じたら、すぐに病院などで専門医の診察を受け、初期段階で気づけるようにしましょう。 そうすることで、日常生活の工夫や適切な薬の使用などによって、ある程度進行を抑えることも可能になってきます。 適切なストレッチやリハビリを行い、関節が痛いという思いを軽減できるようにしたいですね。 また、変形性股関節症は放っておいてしまうと、どんどん進行してしまうのです。 変形性股関節症の早期の発見と早期の治療、そして発見後の定期的な受診が大切なのです。 変形性股関節症の具体的な治療方法は、専門医の指導を受けましょう。 関節の痛みを感じるなら、悪化させないため早期の受診が重要です。...

変形性股関節症の治療方法

変形性股関節症の治療法には保存療法と手術療法があります。 保存療法は、股関節周囲の筋肉の筋力を強化するトレーニングや、血液の流れをよくする温熱療法、肥満傾向にある人は減量するなど体重のコントロールをしたり、杖を使用して歩くなどして出来るだけ股関節に負担をかけないような方法がとられます。 場合によっては、消炎鎮痛剤や関節内副腎皮質ステロイドを使用して股関節の痛みを取り除く事もあります。 筋肉を鍛えるトレーニングで、変形性股関節症の患者さんにとって理想的なのはプールでのトレーニングです。 プールだと浮力によって股関節への負担が軽くなるので、無理することなく安全に歩けて筋肉を鍛えることができます。 自分の股関節の状態や体力に合わせて、水温が一定のプール(スイミングセンターやスポーツジムなど)で行ないましょう。 変形性股関節症の治療をするのに手術療法を選択する場合は、どの時期に、どのような手術を行なうかを見極める事が大切になります。 前期から初期の軽度の股関節症でも、変形の進行を食い止めるために、関節の適合性を獲得する目的で手術(骨切り術)を行う場合もあるのです。...

変形性股関節症の進行度

変形性股関節症は進行性の変性疾患で、治療をせずに放置しておくと前期、初期、進行期、末期へと病期が進行していきます。 しかし、誰もが同じ様に進行するわけではありません。 股関節の形に異常があっても進行しない人もいますし、生活習慣の改善や体重のコントロールなどの保存療法を受けて、悪化が抑えられていれば進行も遅くなります。 前期では、臼蓋形成不全などの股関節の形に異常はあるものの、レントゲンを撮っても軟骨のすり減りなどは見つかりません。 初期になると軟骨がすり減りだして、臼蓋と大腿骨の関節の隙間が少し狭くなってきます。 負荷が集中する場所の骨が硬くなる現象が起きますが、激しい運動などを行った後に股関節に痛みが増す程度で、安静にしている時には股関節に痛みはありません。 進行期に入ると益々軟骨のすり減りが進み、関節の隙間が狭くなるため臼蓋と大腿骨がぶつかったり接する部分も出てきます。 そして、骨棘という壊れた骨を補うための新しい骨の増殖が見られるようになり、それに伴って痛みが増して動きも制限されるようになります。 末期には、軟骨がすり切れてなくなってしまうため臼蓋と大腿骨の関節の隙間がなくなります。 そうなると、骨が露出してぶつかるため骨がすり減って骨棘も成長し、股関節自体が変形してしまいます。 股関節の動きの制限や痛みも強くなり、杖を使わないと歩けないなど日常生活にかなりの支障がでるようになります。...

変形性股関節症の治療 ~手術療法~

治療には大きく分けて保存療法と手術療法の2つの治療法があります。 保存療法で改善が見られない場合、ここで初めて手術が検討されます。 手術の特徴や問題点、進行の程度や年齢、社会的、家庭的環境を考慮した上で詳細を決定します。 寛骨臼回転骨切術、骨盤骨切り術、内反骨切術、外反骨切術など、関節の温存に重点を置いた手術は骨を切り、股関節の形や負荷のかかる方向を改善させます。 それとは逆に、人工関節置換術、股関節固定術など、自分の股関節をあきらめて、関節を固定したり人工のものに置換えたりする手術もあります。 他にも骨盤を横に切り、股関節を内側にずらし骨頭を覆う部分を広げるキアリ法や、股関節を固定して動かなくする股関節固定術。 耐久面での寿命と長期的に見た時再置換えが必要になるが、劇的に改善が望める為、高齢者には人工股関節置換術などの手術が行われる場合があります。...

変形性股関節症の治療 ~保存療法~

治療には大きく分けて保存療法と手術療法の2つの治療法があります。 保存療法は薬物療法を行い急性期の痛みや進行期や末期の強い痛みに対応する場合がありますが、進行がわかりにくくなってしまうため、基本的にはセルフコントロールを行います。 股関節にかかる負荷は体重の3~10倍と言われており、体重増加はすなわち股関節の負荷の増加であり、食事制限や運動療法を組合わせ体重を調節します。 日常生活の無理な負荷を減らしたり、歩行時に杖を使ってサポートしたり、痛むのであれば安静にするなど、自分の限界を知ったり、痛みを避ける動作を覚えるなどの工夫も必要です。 体重コントロールと併用して、股関節症の患者向けの筋トレやストレッチ、ウォーキング、プールでの水中運動などを行い、筋力の維持、拘縮の改善、関節の血行改善などを行います。 これら保存療法の様子を見、結果が芳しくない場合には手術が検討されます。 手術が決定した場合でも、進行を遅らせる為に上記の保存療法を行うこともあります。...

変形性股関節症の検査

変形性股関節症の検査や診断は以下のように進みます。 まずは問診でいつ頃から、どんな時、どの程度痛むのか。 先天性股関節脱臼や臼蓋不全がなどの病歴等を確認します。 次に視診、触診で歩行や体の傾き、股関節の動き具合や痛み方を見ます。 一般的にはX線検査を行い、これにより関節の形や骨の状態、進行の程度等が判明します。 その他、必要に応じてCT検査、MRI検査、関節造影などの検査を行い変形性股関節症の診断します。...

変形性股関節症の進行

変形性股関節症は前期~初期~進行~期末期という段階を追い、年単位で慢性的な進行をし、最終的に手術が必要になるケースが多いといわれています。 進行は誰もが同じわけではなく、股関節の形に異常があっても長い間進行しない場合や、生活習慣や保存療法などの要素により、その進み方は千差万別です。 前期はたまに痛む程度で、股関節の形に異常があるものの、軟骨のすり減りなどはまだ見らません。 初期になると軟骨がすり減り、関節の隙間が少し狭くなってきます。無理をすると痛みが強くなります。 レントゲンでは負荷が集中する箇所の骨が白っぽく映ります。 進行期になると痛みが強くなり、次第に動きに制限がかかります。 軟骨のすり減りは更に進行し、臼蓋と大腿骨がぶつかる部分も出てきます。 末期になると痛みも悪化し、関節の動きにますます制限がかかり、日常生活にかなりの支障が出ます。 軟骨はすり切れてなくなり、関節の隙間は完全になくなり、骨同士の接触が積み重なり股関節自体が変形してしまいます。...

変形性股関節症の症状例

初期は運動後に股関節やお尻や太もも、ひざの上などに鈍痛が現れ、数日すると治まります。 動き出す時股関節辺りに痛みを感じるようになったら、症状が少し進行した証拠です。 痛む場所は徐々に股関節周りに限定され、その内動作や歩行で股関節の前後が痛んだり、休憩しないと歩けないなどの運動痛が出るようになります。 最終的に安静時も股関節が痛むようになり、その痛みも増して行きます。 股関節に水がたまって腫れたり、痛みで睡眠不足になる事もあります。 痛みが増すにつれ、股関節の動きが悪くなり、次第に大きな段差が上りにくくなってきます。 痛むからといって股関節を動かさずにいると、筋肉が硬直し動きが悪くなり、足を曲げることが次第に苦痛に感じてきます。 歩き方にも特徴が現れ、痛む足をかばって歩こうとしたり、痛みから活動量が減り、筋力が衰えると悪い方の足をついたときに身体が傾き、足を引きずるような歩き方になります。 痛みは股関節だけでなく、腰やひざに現れる場合もあります。 これは筋肉のバランスが崩れ骨盤が傾いたり、股関節の動きを他の部分で補い負担がかかるためといわれています。...

変形性股関節症の治療方法と特徴

上記のように、変形性股関節症の初期段階で気がついたら、病院で診察を受けましょう。 初期状態であれば、日常生活の工夫や適切な薬の使用で変形性股関節症の進行をある程度抑えることも可能です。 変形性股関節症は痛みが強い時もあれば、気にならない程度の痛みである場合があります。 股関節の痛みが強い時の外出は極力避け、必要であれば自動車を使ったり、歩行のサポートに杖を使うなど、股関節にかかる負担を減らすように心がけましょう。 酷く痛むようなら鎮痛剤を使用し軽減することもあります。 痛みによる精神的なストレスが軽減されるので病院で相談してみましょう。 股関節の痛みの度合いによって日々行動を使い分けると良いでしょう。 痛みが強いなら無理をしない。 痛みが少ないうちに必要な事を済ませるなど、日常生活における工夫がポイントです。 変形性股関節症の治療、生活時の注意は、患者の年齢・病の進行度・生活スタイルによって治療や行動制限が異なります。 変形性股関節症の具体的な治療方法については、専門医の指導を受けておこないましょう。 変形性股関節症は、放っておけばそれだけ進行してしまう恐ろしい病気です。 早期発見、早期治療。定期受診を大切にして下さい。...

変形性股関節症の原因と症状

変形性股関節症の原因としてあげられる約8割が、先天性股関節脱臼にあると言われています。 日本人の変形性股関節症は、その原因のほとんどが先天性であり、後天的な原因は非常に稀です。 幼少期に股関節の痛みが起こらず、異常があることに気が付かず成長する事が多々あります。 そのまま成長し、成人後に股関節の痛みを訴え病院に行き、初めて病気だと気が付くケースが多いようです。 変形性股関節症の症状は初期、前期、進行期、末期の4つに分類されます。 変形性股関節症の初期状態では、普段痛みを感じることはありませんが、疲労が溜まったり股関節に無理な負荷がると痛みを生じます。 前期になると股関節の痛みを感じる頻度が増し、痛みの為に脚を引きずって歩くようになります。 進行期に入ると股関節の痛みは常につきまとい、股関節の動きが悪くなるので簡単な動作も苦痛に感じます。 末期時、股関節の痛みが非常に強い場合は既に修復が不可能になっている場合も。 極端に言うと、症状次第で人工関節への切り替え手術が必要になることもあります。...

股関節からねじり戻す整体サポーター
股関節・痛み・変形性股関節症
腰と股関節を安定的にサポートして、O脚・X脚を矯正、歩行時の腰やひざ、足首の偏りや負担を軽減します

サイトMENU

Copyright (C) 股関節の痛み・変形性股関節症について. All Rights Reserved.