変形性股関節症の治療

変形性股関節症は、放っておくと徐々に進行していくものなので、早期発見に早期治療が大切になります。 治療方法は保存的治療と手術的治療があり、病気の進み具合によって行なわれる治療法が異なります。 また、年齢や各自の生活のスタイルなどによっても異なってくるので、必ず専門医の指導を受けてから治療を行なうようにしましょう。 保存的治療は、股関節に負担をかけないようにする方法で、肥満傾向にある人は体重を減らしたり、痛みがある側への負担を減らすために杖を使用して歩くようにします。 痛みの度合いによっては鎮痛剤を用いる事もあります。 完全な治療にはなりませんが、鎮痛剤を使用する事で痛みが楽になり、精神的なストレスが軽減されるので良いようです。 高齢者の場合は状態によって、手術をして悪くなっている部分を取り除く方法がとられます。

股関節からねじり戻す整体サポーター
股関節・痛み・変形性股関節症
腰と股関節を安定的にサポートして、O脚・X脚を矯正、歩行時の腰やひざ、足首の偏りや負担を軽減します

サイトMENU

Copyright (C) 股関節の痛み・変形性股関節症について. All Rights Reserved.