変形性股関節症の運動療法

変形性股関節症の運動療法について紹介します。 ●ジグリング(貧乏揺すり運動) まず、イスに腰掛けて、左右の脚を肩幅程度に開きます。 左右片方の足のつま先を床につけたまま、かかとだけを上下に貧乏揺すりさせます。 この動きの際に、片方の足は、動かさないように注意してください。 貧乏揺すりは、30秒くらい繰り返したら、反対側も同じように行います。 他にも腰を左右に揺すってみたりします。 この場合は、同じようにイスに腰掛けて、肩幅に左右の脚を開きます。 そして、肩を動かさないようにして、骨盤を動かす感じに腰を左右に動かします。 この運動は、1分程度行います。 ●脚開脚運動 イスに腰掛けて、左右の脚を閉じます。 左右の手は太ももの上に置きます。 左右の脚のかかとを揃えた状態で、ひざを肩幅程度に開いて、閉じます。 この開閉の動きを1分くらい行います。 ●股関節の屈伸と脊柱(背骨)屈伸運動 深くイスに腰掛けて、左右の脚を肩幅程度に開きます。 骨盤を前傾させる感じで腰を動かし、背筋を伸ばし、元に戻します。 このときへそを意識するのがポイントです。 この動きを1分くらい繰り返し行います。 変形性股関節症の運動療法を行うことで、筋肉をほぐすことで、動きをよくする、関節の位置を正常にする、痛みの軽減などの効果が期待できます。

股関節からねじり戻す整体サポーター
股関節・痛み・変形性股関節症
腰と股関節を安定的にサポートして、O脚・X脚を矯正、歩行時の腰やひざ、足首の偏りや負担を軽減します

サイトMENU

Copyright (C) 股関節の痛み・変形性股関節症について. All Rights Reserved.