変形性股関節症の自己チェック

変形性股関節症の進行を防ぐためにも、症状がひどくならない早期の段階で医療機関を受診することをおすすめします。 次のような症状があるときは、医療機関を受診するようにしてください。 ●自己チェック1 1.歩行する際に、左右の足の出しやすさに違いを感じます。 2.靴底の擦り減り方が左右で違いがあります。 3.太ももの太さが左右で違います。 4.イスに座った時に、膝の位置が違います。 5.以前に股関節脱臼をした経験があります。 これらの症状は、初期の段階で起こる症状です。 1と2は、片側の股関節が炎症していたり、股関節の変形の可能性があります。 3は、筋肉が痩せてしまっている可能性があります。 4と5は、子供のころの股関節を痛めたことによる症状の可能性があります。 1から5のうち1つでも当てはまるようであれば、医療機関を受診してください。 ●自己チェック2 1.姿勢が悪いと指摘されます。 2.歩行時、小股になりやすいです。 3.イスに腰掛け、脚が組みにくいです。 4.あぐらがかけません。 5.床から立ちづらいです。 1と2の症状がある場合、変形性股関節症の症状が進行している可能性があります。 3と4、5の場合は、さらに症状が進行してしまっている可能性があります。 1から5のうち2つ以上に当てはまるようであれば、医療機関を受診してください。

股関節からねじり戻す整体サポーター
股関節・痛み・変形性股関節症
腰と股関節を安定的にサポートして、O脚・X脚を矯正、歩行時の腰やひざ、足首の偏りや負担を軽減します

サイトMENU

Copyright (C) 股関節の痛み・変形性股関節症について. All Rights Reserved.