変形性股関節症の手術療法の特徴

薬物療法の効果が十分得ることできなかったときに、手術療法が検討されます。 手術を行うタイミングは、医師と相談のうえで決めます。 股関節の主な手術療法は、「関節鏡手術」「骨切り術」「人工関節手術」などがあります。 手術療法のそれぞれの特徴について紹介します。 ●関節鏡手術 変形性股関節症の初期から末期までの症状が対象に行われます。 行える年齢は幅広く、1週間から3週間ほどの入院期間となります。 この手術方法のメリットとしては、傷痕が小さいため、あまり目立ちません。 そして、デメリットは、再び症状が起こる可能性があります。 ●骨切り術 変形性股関節症の初期から進行期までの症状が対象に行われます。 行える年齢は基本的に60歳までで、1ヵ月から3ヵ月ほどの入院期間となります。 この手術方法のメリットとしては、自分の骨を使います。 動きの制限もありません。 そして、デメリットは、長期にわたって治療が必要となります。 ●人工関節手術 変形性股関節症の進行期でもかなり進行した症状から末期までの症状が対象に行われます。 行える年齢は基本的に60歳以上の人になります。 入院期間は、1ヵ月ほどです。 この手術方法のメリットとしては、痛みが解消されます。 そして、デメリットは、感染症の危険性やまれに外れてしまうことがあります。

股関節からねじり戻す整体サポーター
股関節・痛み・変形性股関節症
腰と股関節を安定的にサポートして、O脚・X脚を矯正、歩行時の腰やひざ、足首の偏りや負担を軽減します

サイトMENU

Copyright (C) 股関節の痛み・変形性股関節症について. All Rights Reserved.