股関節脱臼を予防しよう

股関節脱臼の予防として適切なのは、出来るだけ動きやすいオムツをすることと、抱っこする時にも少し気をつけるということです。 股関節脱臼の予防や症状が軽度の場合、股間にオムツをたくさんあてて股を開いた状態すると良いなどという情報がありますが、オムツをたくさんあててしまうと自由な足の動きを制限してしまい、逆に症状を悪化させてしまう可能性があり危険ですので止めましょう。 不自然な形で股関節を固定してしまうと、骨頭部に血行障害が起きて、骨頭壊死という最悪な状態につながってしまいます。 赤ちゃんの産まれた時から自然な形で開かれた足の状態と、自由な足の運動を邪魔しないように注意する事が股関節脱臼を予防するうえで大切な事です。 ですので、両足を閉じるように布でくるむという事もしてはいけません。 衣服は裾が広がっていて、自由に足を動かせるものにしましょう。 足が動きにくいような腰周りがピッタリするようなスパッツや長ズボンなどを着させるのは止めましょう。

股関節からねじり戻す整体サポーター
股関節・痛み・変形性股関節症
腰と股関節を安定的にサポートして、O脚・X脚を矯正、歩行時の腰やひざ、足首の偏りや負担を軽減します

サイトMENU

Copyright (C) 股関節の痛み・変形性股関節症について. All Rights Reserved.