股関節の痛み・変形性股関節症について TOP > 人工股関節 >  なぜ人工股関節に置き換えるのか

なぜ人工股関節に置き換えるのか

人工股関節の手術は、変形性股関節症、関節リウマチ、大腿骨頭壊死症などの疾患により、炎症や変性、破壊されて痛んだ股関節を人工の股関節を用いて治療する手術です。 世界中で年間およそ50万件も手術が行われているといわれていて、股関節の痛みを完全に取り除いて、股関節の可動域を改善することのできる方法です。 人工股関節に置き換える手術は、股関節の痛みが強い、痛みが酷くて歩行も困難となってきたなど、日常生活に支障をきたしている方が適応されます。 股関節を人工のものに換えると、痩せてきていた膝より少し上の太ももの筋肉が削げ落ちが止まり、次第に元の筋肉に回復してきます。 筋肉が回復することに伴って、跛行も次第に改善して日常の生活活動レベルが向上し、歩く姿も格段に改善してきます。 子供の頃の股関節脱臼によって、足の長さの違いも人工の股関節を入れることで同じ長さになりますし、何よりも足を引きずることなく歩けるようになることは心理的にもメリットといえるでしょう。

股関節からねじり戻す整体サポーター
股関節・痛み・変形性股関節症
腰と股関節を安定的にサポートして、O脚・X脚を矯正、歩行時の腰やひざ、足首の偏りや負担を軽減します

サイトMENU

Copyright (C) 股関節の痛み・変形性股関節症について. All Rights Reserved.