人工股関節について

股関節の痛みが軽度のものであれば、自然に治癒する方法で治療をしていきますが、関節になんらかの問題が生じている場合や、先天的に関節に問題があるという場合は、症状が軽度のものであっても手術療法を薦められることがあります。 手術による治療のなかに、人工の股関節に置き換えるという方法があり、これを人工股関節置換術と呼んでいます。 人工股関節は、金属、セラミック、ポリエチレンなどで作られていて、ヘッド、ステム、ライナー、アセタブラーシェルという4つの部品から出来ています。 人工股関節に換えることは、悪くなっている関節を新しいものにすることによって、痛みがなくなり快適な生活を送ることができるようになります。 しかし、殺菌感染に弱く、脱臼もしやすくて磨耗が早いということがあり、ゆるみが来たら入れ替えの手術をしなくてはならないという点が難点です。 個人の身体的条件などでも違ってきますが、一般的に耐久寿命は15から20年といわれています。 ただし、日常の生活のうえでいくつか気をつけていれば、ある程度は関節の寿命を長く保つことが可能です。 これらの点をふまえ、常に痛みがある生活と比べ、置き換えるかどうかを判断するようにしましょう。

股関節からねじり戻す整体サポーター
股関節・痛み・変形性股関節症
腰と股関節を安定的にサポートして、O脚・X脚を矯正、歩行時の腰やひざ、足首の偏りや負担を軽減します

サイトMENU

Copyright (C) 股関節の痛み・変形性股関節症について. All Rights Reserved.