股関節の柔軟性

柔軟にしておくことが大事

股関節が硬いと運動する時などに衝撃が緩和されずに無理な負担がかかってしまいます。 負担をかけないようにするためには、股関節を柔軟にしておくことが大切になるのです。 股関節を柔軟にするために良い方法はストレッチです。 ストレッチは、関節を柔軟にしてくれるだけでなく、ゆがみの矯正や予防をしてくれるという効果もあります。 ただし、無理なストレッチや柔軟体操は、関節のゆがみを強くしてしまう恐れがあるので注意して下さい。 簡単なストレッチ方法は、あぐらをかいて背筋を伸ばし足の裏同士を合わせます。 この姿勢で両膝を床にゆっくり押し付けるようにしていきます。 これを5回2セット行ないましょう。 ストレッチは短期間行なっただけでは効果はあらわれません。 毎日継続して長い期間行なっていくことで効果はあらわれますので、ストレッチを日常生活に取り入れて続けていくようにしましょう。...

股関節前側の柔軟性をチェックする

肩が浮く方は股関節前側のストレッチを行うと良いでしょう。 まずうつ伏せに寝て、両手を真横に伸ばします。 腕と肩が浮かないように注意しながら、片足を内側にゆっくりとクロスさせてください。 踵が床につけばOKです。 足が床につかなかったり、肩が浮く、爪先だけしか床につかない... その場合は股関節前側周辺の筋肉のストレッチが必要になります。...

前屈で股関節などの柔軟性をチェック

腰をうまく使うためには、腿裏と股関節、胸周りなどの背骨周りの筋肉の柔軟性が重要になってきます。 腿裏と股関節の筋肉の柔軟性をチェックしてみましょう。 両足を揃え、膝を伸ばしたまま上体をゆっくりと前に倒してみてください。 前屈すると徐々に腿裏や膝裏、ふくらはぎが伸びていきますよね。 これらの筋肉が硬いと、腰の動きや股関節の動きが制限され、負担が増えてしまいます。 ヒトが重力の影響で体が前に倒れようとするのを、これらの筋肉が緊張して後ろに引っ張り直立姿勢を保っているのです。...

ヨガで股関節の柔軟体操

股関節のストレッチ以外に、ヨガのポーズにも股関節の柔軟をするものがあります。 「合蹟前屈のポーズ」、「三角のポーズ」などがそれに該当します。 股関節の柔軟性を高めようとするなら、ポーズの形だけではなく、呼吸法を正しく行う事が大切です。 柔軟体操で反動をつけたり、息を止めて行うのは間違ったやり方です。 柔軟は大きくゆっくりとした呼吸をし続け、筋肉を伸ばしたり緩めます。 しかも呼吸を正しく出来るようになれば、体内で筋肉を硬直させる酵素がつくられにくくなり、何もしなくても柔軟効果が得られるようになるのです。...

股関節の為の柔軟体操

股関節の柔軟体操は、基本的に1人で行います。 他人に背中を押してもらうのは、ケガのもとになる可能性がありますのでやめましょう。 そしてもう1つ、ハードな柔軟体操はかえって身体を傷つけるので注意して下さい。 筋肉をほぐすには時間がかかります。 無理をしても短期間で柔らかくすることは出来ません。 股関節が柔軟なバレリーナや力士たちも、柔軟体操のトレーニングを毎日続けています。 股関節の柔軟体操は手軽に行えます。 決して無理はせず、ゆっくりと時間をかけ、固まった筋肉をほぐしましょう。...

股関節の柔軟性

股関節の柔軟性は健康に大きく関係してきます。 健康のためにも、ストレッチやヨガ、バレエ、器具などで柔軟性を高めておきましょう。 関節が硬いと、血流が悪くなり関節が正しい位置で固定されないため、猫背になったり、足がむくみやすくなったりします。 股関節を柔軟にすれば健康はもちろん、美しい姿勢やすっきりとした足を手に入れることが出来るのです。 ただし、関節の柔軟性は継続することで初めて得ることができるのです。 1日2日でなく、継続的に根気強く続けることが大切です。...

股関節からねじり戻す整体サポーター
股関節・痛み・変形性股関節症
腰と股関節を安定的にサポートして、O脚・X脚を矯正、歩行時の腰やひざ、足首の偏りや負担を軽減します

サイトMENU

Copyright (C) 股関節の痛み・変形性股関節症について. All Rights Reserved.