ストレッチをイメージする

ストレッチを行う際に息を吐きながらと書きました。 これは身体をリラックスさせ、筋肉を緩めた状態にする。という理由があります。 息を吐くと副交感神経が働き、身体をリラックスさせる効果があるのです。 リラックス状態でのストレッチはかなり効果的です。 では、より効果的な股関節ストレッチを行うためにもうひとつ、イメージトレーニングを行ってみましょう。 まず、立った状態で前屈をします。 体の突っ張り状態、感じている痛み、床と指先がどれくらい離れているか、憶えておいてください。 あくまで目安確認なので、この時無理に床に指をつけたり体を曲げる必要はありません。 次に床の上に寝転びます。 目をつぶり、自分の体や関節が柔らかくなることを具体的にイメージします。 スローテンポで、ゆったり体を動かして前屈している自分自身をしっかりイメージをしてください。 しっかり想像できた所でゆっくりと起き上がり、前述のイメージをしたまま前屈します。 どうですか?体が柔らかくなりましたか? 今回うまくいかなかった方も、何回かやってる内に結果が出ます。 ぜひ練習してみてください。

股関節からねじり戻す整体サポーター
股関節・痛み・変形性股関節症
腰と股関節を安定的にサポートして、O脚・X脚を矯正、歩行時の腰やひざ、足首の偏りや負担を軽減します

サイトMENU

Copyright (C) 股関節の痛み・変形性股関節症について. All Rights Reserved.