内旋・外旋矯正

股関節の内旋、外旋のストレッチを利用し、股関節の矯正をします。 まず足を投げ出し、足の中指の床との角度を調べ、股関節の開き具合を調べます。 標準的な角度は60度程度です。 一方の足だけ極端に外に開いていたり、内側に入りすぎているなら、自分で矯正しましょう。 開きすぎている場合は仰向きで股関節内旋のストレッチを行い、股関節を内旋させやすくします。 そのストレッチをしている股関節のポーズを崩さないように、上体を起こし、身体を前に倒します。 上体を起こす時股関節に痛みを感じるなら無理は禁物です。 股関節が内に捻られ内側に入りすぎている場合も、同じように股関節の外旋のストレッチをしたまま上体を起こし、前屈します。

股関節からねじり戻す整体サポーター
股関節・痛み・変形性股関節症
腰と股関節を安定的にサポートして、O脚・X脚を矯正、歩行時の腰やひざ、足首の偏りや負担を軽減します

サイトMENU

Copyright (C) 股関節の痛み・変形性股関節症について. All Rights Reserved.