器具を使ったストレッチ方法

股関節を柔軟にするには、ストレッチポールや弾力ボール(バンランスボールとかエクササイズボールとも呼ばれているもの)を使って行なう方法もあります。 このような器具を使うと、器具を何も使わずに行なうよりも、効率良く体の各部分をストレッチすることが出来るのです。 器具を使ってストレッチを行なうと、骨盤の歪みを改善することができて、骨盤の歪みによって生じている左右の股関節のずれも矯正することが出来るです。 ストレッチポールを使って行なう方法は、ストレッチポールの上に寝て片足ずつ正座をするように足を曲げます。 この動作だけで、腰や膝に負担をかけることなく、股関節の前側を伸ばして柔軟にすることが出来ます。 弾力ボールを使って行なう方法は、まず仰向けになり足先を弾力ボールの上に乗せます。 それから弾力ボールの上で足を前後に揺らしたり、膝を開閉したりします。 この動作を行なう事によって、骨盤の歪みとずれが矯正されていくのです。 また、弾力ボールはバランスを上手く取って滑り落ちないように座らなければなりませんので、そうすることによって、背骨や骨盤を支える筋肉や股関節の周りにある筋肉が良く伸縮されてほぐされ柔軟になってきます。 痛みの予防や改善のために、是非ストレッチを行なうようにしましょう。

股関節からねじり戻す整体サポーター
股関節・痛み・変形性股関節症
腰と股関節を安定的にサポートして、O脚・X脚を矯正、歩行時の腰やひざ、足首の偏りや負担を軽減します

サイトMENU

Copyright (C) 股関節の痛み・変形性股関節症について. All Rights Reserved.