股関節の構造と関節炎

軟骨は耐久性がありますが、年齢を重ねるにつれてすり減っていきます。 そして股関節を動かしたり、体重がかかるたびに、すり減った軟骨の下の骨同士がこすれ合って痛むようになります。 関節は、骨の表面がとても滑らかで弾力のある軟骨と呼ばれる組織でおおわれており、その軟骨が関節を動かしたり、体重がかかったときの衝撃をやわらげるクッションの役目をしています。 股関節は、大腿骨の上の端にある骨頭という丸い部分が、寛骨臼という骨盤のくぼみにはまり込むような形になっており、構造上、脚をさまざまな方向に動かすことができます。 痛みの原因として、関節が炎症を起こしてしまう「関節炎」が挙げられます。 関節を守っている軟骨がすり減ることにより、徐々に変形性股関節症を発症します。 なぜ、炎症が起きてしまうのでしょう?どうして痛くなるのでしょう? まずは関節の仕組みや働きを知って、痛みの原因を理解しましょう。

股関節からねじり戻す整体サポーター
股関節・痛み・変形性股関節症
腰と股関節を安定的にサポートして、O脚・X脚を矯正、歩行時の腰やひざ、足首の偏りや負担を軽減します

サイトMENU

Copyright (C) 股関節の痛み・変形性股関節症について. All Rights Reserved.