股関節の痛み・変形性股関節症について TOP > 股関節とは >  ゆがみは身体に影響を与える

ゆがみは身体に影響を与える

股関節は骨盤に付着しているものなので、股関節にゆがみが起きると骨盤全体にも必ずゆがみが起きてしまいます。 股関節のゆがみは、骨盤のゆがみと密接な関係にあるのです。 ゆがみを放っておくと背骨を通じて体全体に悪影響を及ぼしてしまいます。 ゆがみが原因で肩こりや頭痛の症状が出る場合もあります。 一番は足全体への影響で、足指だけでなく、足首や膝のゆがみも伴い、足の運びに異変が生じて偏った歩き方になったり、足の運びが不安定になるために転びやすくなったりします。 股関節にゆがみがあると、座った状態から立ったり、かがんだりするなどの日常のさりげない動作にも、不都合と不安定さが伴ってしまうのです。 股関節のゆがみで体へ悪影響を与えないようにするためには、日頃から柔軟にしてゆがみを予防することが大切になります。 股関節のゆがみを調べる方法は、まず膝を立てて仰向けになります。 そして、膝を胸に近づけるようにして膝頭の位置が見えるまで曲げてみたときに、膝の高さに差が出ているとゆがみがあるという事になります。

股関節からねじり戻す整体サポーター
股関節・痛み・変形性股関節症
腰と股関節を安定的にサポートして、O脚・X脚を矯正、歩行時の腰やひざ、足首の偏りや負担を軽減します

サイトMENU

Copyright (C) 股関節の痛み・変形性股関節症について. All Rights Reserved.