股関節の痛み・変形性股関節症について TOP > 股関節とは >  股関節が硬いと太りやすい

股関節が硬いと太りやすい

身体の中で1番脂肪が付きやすい場所は脇腹です。 股関節が硬いとリンパやホルモンの流れに影響が生じて、脇腹に脂肪が付きやすくなります。 また、全身のむくみも取れにくくなってしまうのです。 股の関節のあたりにあるリンパ管はヘアピンカーブのように曲がっています。 通常、柔らかくてしなやかに動いていれば、わき腹から回収された老廃液は溜まることなくスムーズに流れていきます。 しかし、硬いと筋肉の動きも悪くなり、老廃液は上手く流れることができなくなり、どんどん脇腹に溜まってしまい脂肪の塊になってしまいます。 以下の項目に3つ以上当てはまるものがあった場合は、脇腹に脂肪が付きやすい体質の可能性があるので注意しましょう。 1、2階に上がるだけでもエレベーターを使う。 2、椅子や床に座っている時間が長い。 3、冷房が効いた部屋が好き。 4、寝起きはいつも不機嫌。 5、イライラしやすい。 どうでしたか?当てはまるものはあったでしょうか? 3つ以上当てはまってしまった場合には、関節をほぐして可動域を広げ、老廃物を溜めないようにする必要があります。

股関節からねじり戻す整体サポーター
股関節・痛み・変形性股関節症
腰と股関節を安定的にサポートして、O脚・X脚を矯正、歩行時の腰やひざ、足首の偏りや負担を軽減します

サイトMENU

Copyright (C) 股関節の痛み・変形性股関節症について. All Rights Reserved.