股関節症は女性に多い

股関節症は、関節の骨と骨がすれて損傷するのを防ぐための柔らかい骨(軟骨)が磨耗してなくなり、骨と骨が直接こすれあう事で関節に痛みが発症するもので、骨盤などの違いなどから、男性よりも女性の方がかかりやすい病気といわれています。 それには、女性の方が男性よりも股関節が緩くなっており、その周りの筋肉の力も弱いのが原因だといわれています。 日本では先天性股関節脱臼の後遺症や臼蓋形成不全が原因で発症するケースが多いとされていますが、生まれつき太もも骨(大腿骨)が骨盤の中の大腿骨の受け皿の骨(寛骨臼)から外れている病気の先天性股関節脱臼も男の子より女のこの方が多いというのも、男性より女性の発症率が高い原因になっているようです。

股関節からねじり戻す整体サポーター
股関節・痛み・変形性股関節症
腰と股関節を安定的にサポートして、O脚・X脚を矯正、歩行時の腰やひざ、足首の偏りや負担を軽減します

サイトMENU

Copyright (C) 股関節の痛み・変形性股関節症について. All Rights Reserved.