女性と股関節症

股関節の病気の中でも変形性股関節症は女性に多く、男性の約10倍と圧倒的な割合になっています。 変形性股関節症の症状は、前期、初期、進行期、末期の4段階に分けられています。 殆どの場合、30から40歳代で頻繁にみられるようになります。 変形性股関節症の初期の痛みは、お尻の付近や太ももの後ろ側、内股のところに痛みが起こりますが、足を休ませたりすると痛みは消えます。 関節の変形が徐々に進行してくると、動かなくても常に痛みが感じられたり、動くたびに足のつけねが痛くなったりします。 そうなると、痛みを庇いながら歩くというようになり、筋肉のつき方がおかしくなって、体型が崩れるということになってしまいます。 変形性股関節症は、自覚症状が出る前から少しずつ進行しているものなので、気になるようでしたら、検査をうけてみたりと何らかの対策をしてみるのも良いでしょう。

股関節からねじり戻す整体サポーター
股関節・痛み・変形性股関節症
腰と股関節を安定的にサポートして、O脚・X脚を矯正、歩行時の腰やひざ、足首の偏りや負担を軽減します

サイトMENU

Copyright (C) 股関節の痛み・変形性股関節症について. All Rights Reserved.