股関節の痛み・変形性股関節症について TOP > 股関節とは >  股関節症が女性に多いわけ

股関節症が女性に多いわけ

股関節の痛みは外反母趾と同様に、圧倒的に女性に多く起こる病気です。 男性に比べて女性の体は股関節が浅く造られていて、筋力も弱いので痛みが起こりやすくなっているのです。 トイレが和式から洋式に変わったことも、関節に痛みを感じる女性が多くなった原因ではないかと考えられます。 和式トイレは開脚運動ができるのに対し、洋式はこれができません。 本来、股関節は女性の方が柔らかいのですが、そのことで開脚運動ができなくなり、関節が硬くなってしまっている女性が激増しているのです。 股関節が硬いと、痛みを伴う炎症が起こったり、脱臼などの症状を引き起こしてしまう可能性が高くなるのです。 痛みを訴える女性が昔に比べて増えている理由としては、外反母趾などの足の異常が増えたことにも関係しているようです。

股関節からねじり戻す整体サポーター
股関節・痛み・変形性股関節症
腰と股関節を安定的にサポートして、O脚・X脚を矯正、歩行時の腰やひざ、足首の偏りや負担を軽減します

サイトMENU

Copyright (C) 股関節の痛み・変形性股関節症について. All Rights Reserved.