股関節の痛み・変形性股関節症について TOP > 股関節の痛み >  股関節の関節痛を引き起こす病気

股関節の関節痛を引き起こす病気

変形性股関節症股関節の軟骨が、磨耗や加齢によってすり減ることで起こります。 症状としては、歩行時などに股関節が痛み、動きが制限されるようになります。 子供の頃からの先天性股関節脱臼の後遺症や、股関節が浅い臼蓋形成不全などが原因となることが多いですが、加齢による軟骨の減少が原因になることもあります。 痛みの原因は、子供の頃の股関節脱臼や臼蓋形成不全といった障害によるものや、加齢や骨折によるものなどがあります。 痛みが強い場合は、人工股関節置換術や骨切り術を行い治療します。 骨折以外の症状は、長期間かけて徐々に進行し、痛みのために歩行が困難になることもあるので注意が必要です。

股関節からねじり戻す整体サポーター
股関節・痛み・変形性股関節症
腰と股関節を安定的にサポートして、O脚・X脚を矯正、歩行時の腰やひざ、足首の偏りや負担を軽減します

サイトMENU

Copyright (C) 股関節の痛み・変形性股関節症について. All Rights Reserved.