痛みは筋肉が関係している

股関節に無理な負担がかかると、股関節の痛みだけでなく、お尻の奥の方にも痛みが出ます。 それは、股関節を捻る動きと、後ろと外側への動きにはお尻が関係していて、前と内側への動きは太腿が関係しているからです。 たとえば、床に座って開脚をして体を前に倒した時、大腿の内側が突っ張ります。 大腿の内側の筋肉の突っ張りがさらに強くなると、筋肉の突っ張りよりもお尻の奥の方の痛みが強くなります。 この状態だと、太腿の内側の筋肉の突っ張りが強すぎて、痛みを感じるところまで伸びれなくなっていて、それが原因で無理に股関節に負担がかかり、痛みを感じるようになるのです。 このように股関節の痛みの本当の原因は筋肉にあるようです。 股関節の病気に変形性股関節症、臼蓋形成不全、大腿骨骨頭壊死などがありますが、股関節の変形や壊死は、結果的にそうなったというのであって原因ではありません。

股関節からねじり戻す整体サポーター
股関節・痛み・変形性股関節症
腰と股関節を安定的にサポートして、O脚・X脚を矯正、歩行時の腰やひざ、足首の偏りや負担を軽減します

サイトMENU

Copyright (C) 股関節の痛み・変形性股関節症について. All Rights Reserved.