股関節の痛み・変形性股関節症について TOP > 股関節の痛み >  なぜ股関節は痛くなるのでしょう

なぜ股関節は痛くなるのでしょう

股関節の痛みには、子供の成長期の痛み、大人になってからの痛み、老化によってくる痛みなど原因は様々です。 股関節は常に人の体を支えている関節のうえ、運動の衝撃を吸収したりと過酷な役割を担っているものなので、かなり負担のかかる場所といえるでしょう。 そのため、股関節の周りの筋肉には疲労が溜まりやすく、筋肉の疲労が強くなると痛みやこりが生じるのです。 股関節痛の原因の約80%は骨ではなく、このような筋肉の疲労にあると考えられています。 そのほか、若い頃から股関節を使ったスポーツや仕事をしてきた人が、関節の老化とともに痛みがくるものとも考えられていて、加齢で関節表面を覆っている軟骨の磨耗や変性が起こり、骨そのものが変形して痛みなどの症状が現れるということです。 スポーツなど運動を行ううえで、多くの場合は股関節に大きな動きが必要となります。 股関節の動きが悪くなると、腰や膝にも痛みを発症しやすくなるのです。

股関節からねじり戻す整体サポーター
股関節・痛み・変形性股関節症
腰と股関節を安定的にサポートして、O脚・X脚を矯正、歩行時の腰やひざ、足首の偏りや負担を軽減します

サイトMENU

Copyright (C) 股関節の痛み・変形性股関節症について. All Rights Reserved.