歩行時の痛み

歩くだけでも膝や股関節に痛みを感じる人がいます。 このような痛みは、膝や股関節の病気が原因になっていることがあります。 膝や股関節が慢性的に痛いときは、原因となっている病気が進行している可能性があります。 歩くときに股関節などに痛みを感じる場合は、早めに医療機関を受診し、痛みの原因を調べ、正しい方法で対処することが重要です。 しかし、股関節に異常が起きていても気づかないことがあります。 それは、股関節に痛みなどの症状が現れるのでなく、お尻や太もも、膝などに痛みや違和感、だるさなどの症状が現れることがあるためです。 なぜなら、股関節は、体の奥深い部分に位置しているため、痛みなどの症状を伝達する神経が、正しく認識してくれないからです。 異常が起きている部分とは、別のところに痛みが起こる症状を「関連痛」と呼ばれています。 歩き始めや立ち上がるときに股関節と、お尻や太もも、膝などに痛みなどの症状がある場合は、股関節の病気の可能性があります。

股関節からねじり戻す整体サポーター
股関節・痛み・変形性股関節症
腰と股関節を安定的にサポートして、O脚・X脚を矯正、歩行時の腰やひざ、足首の偏りや負担を軽減します

サイトMENU

Copyright (C) 股関節の痛み・変形性股関節症について. All Rights Reserved.