股関節の痛みは要注意

股関節になにかしらの異常がある場合に、よくみられる症状に脚のつけねの痛みがあります。 脚のつけねに痛みが起こるのは関節の形に異常があるため、滑らかな運動が出来ずに、関節にある軟骨や周囲の組織をこすって傷つけてしまうことが原因で、関節を動かすたびに痛みが起こります。 痛みの初期は、軽いために意識してしまうほど痛みが気になることはないため気がつかないことが多いのではないかと思います。 関節の変形が進行してくると痛みが次第に強くなってきて、寝ている間も痛くなったり、足を動かし始めるときに強い痛みが起こるようになってきます。 痛みの頻度が増してしまったり、痛みが強くなったりしてくると、次第に脚を引きずるような歩き方になってしまう人もいるようです。 なんの対処もせずに進行してしまうと、常に痛みを感じるようになってしまったり、ちょっとした動作でも苦痛に感じてしまうようにもなってしまいます。 場合によっては治療が不可能になってしまうことも考えられるので、少しでも痛みを感じたら、放っておかずに何かしらの対処をする必要があります。

股関節からねじり戻す整体サポーター
股関節・痛み・変形性股関節症
腰と股関節を安定的にサポートして、O脚・X脚を矯正、歩行時の腰やひざ、足首の偏りや負担を軽減します

サイトMENU

Copyright (C) 股関節の痛み・変形性股関節症について. All Rights Reserved.